新車の値引き額最新情報

新車の値引き額最新情報

各メーカーの新車値引き情報

 

 

メーカー

  • トヨタ
  • スバル
  • ホンダ
  • 日産
  • マツダ
  • スズキ

 

 

 

 

全メーカーの車種別の値引き相場をご案内しています。


 

 

 

 

スバル SUBARU

 

フォレスター データ

  • 登場年月:2018年6月
  • 取扱店:スバル店
  • 価格帯:280万〜309万

日産エクストレイルやCX-5をぶつけていくのも良いがC-HRとの競合に持ち込むと強く反応して値引きで勝負に出てくる確率が高くなります。

 

上級グレードにはハリアーも有効。

 

隣県に越境できるならスバル同士の争いも可能になります。

 

車両本体値引きは15万円程度でストップとなることも多いが、付属品からの割引率を上げてカバーしてくる。

 

通常は10〜20%の割引ですが、30%になることも。

 

現状では車両本体と付属品の値引き合計が25万円前後になれば合格レベルで、30万円まで行けば特上クラスと言えます。

 

 

 

ホンダ HONDA

 

CR-V データ

  • 登場年月:2018年8月
  • 取扱店:ホンダカーズ店
  • 価格帯:323万〜436万

売れ行きは絶好調ですが、肝心の値引きは渋くて、たったの10万円程度でストップをかけてくる場合が多いです。

 

2019年現在では車両本体からの値引きが15万円、付属品から10%程度の値引きが取れたらOK。

 

詳細はこちら cr-v ハイブリッド 値引き

 

 

 

トヨタ TOYOTA

クラウン データ

  • 登場年月:2018年8月
  • 取扱店:トヨタ店
  • 価格帯:460万〜718万

ライバル筆頭は日産フーガですが、競合させると「うちは10万円引きが限界です」あちらとは勝負できません等と引いてしまう場合が多いです。

 

よって、レクサスESなど同じトヨタ車をぶつけていった方が反応がよかったりします。

 

メルセデスベンツやBMW、アウディなどの輸入車も有効です。

 

隣県に越境できるならトヨタ店同士の争いを。

 

東京地区であればトヨペット店でも販売しています。

 

付属品の値引きを含めて25万円いじょうの値引きが取れれば合格レベルと言えます。

 

 

 

日産 NISSAN

 

 

 

 

 

マツダ MAZDA

cx-5 データ

  • 登場年月:2016年12月
  • 取扱店:マツダ全店
  • 価格帯:257万〜388万

値引きの基本は車両本体価格10万円と付属品の割引率10%というディーラーが多いが、トヨタハリアーと競合していることがわかると強く反応してくる。

 

その他、日産エクストレイルやスバルフォレスターも有効です。

 

値引きの合格ラインは付属品の値引きも含めて25万円前後になります。

 

 

 

 

 

スズキ SUZUKI

 

 
トップへ戻る